SSブログ
フィギュアスケート ブログトップ
前の5件 | -

もうグランプリファイナル [フィギュアスケート]

えーうそでしょー。もしかして現地ではもうシニアの試合が
始まってる??てなくらいの時間ですが、
とりあえず自分への観戦メモ。

men
◆小塚崇彦
去年まであなたのことを「手が棒」なんて思っていてすみませんでした。
特にフリーがきれいだと思います。

◆トマシュ・ベルネル
今年、クワドを入れる選手が増えましたが、逆にやめたのがよかったんでしょうか。
しかし、クワドがあろうがなかろうが、フィギュアスケートが
要求する才能をフルでそろえているのは確かです。
好きなようにやってください。眼福です。

◆高橋大輔
眼福その2。たまにあごがはずれることも。
ジャンプ、どうなんでしょうね。4Tとか4Fよりも
コンボの3T のほうがちょっと不安な気が。

◆織田信成
今シーズンになってうまくなったような気がします。しますよね?
PCS、上がって当然です。
あとは自信満々の俺様状態で滑るだけです。

◆パトリック・チャン
滑りが伸びるってこういうことだなーと思います。
でも、3Aはちゃんと飛んで。

◆フローラン・アモディオ
若手! 踊れる! 安定!
(すみません。今のところ、こんな印象で)

ladies
◆安藤美姫
SPほんとに変えたんですね。時間がないのであんまり期待しちゃいけないんでしょうが、
やっぱり楽しみです。FPも衣装が黒だったし、変更する衣装も楽しみ。
できれば優雅なのが見たいなぁ。

◆鈴木明子
去年もすごかったけど、今年のプログラムも好きですよー。
ジャンプさえ決まれば優勝もあると思います。
彼女とか高橋大輔とか見ているとフットワークがうまいってすごいことだなと感心します。

◆レイチェル・フラット
見ていて楽しいです。
毎度申し上げますが、彼女のヘアとメイクは素晴らしいです。

◆カロリーナ・コストナー
たしかにジャンプの難度は下げてるけど、
調子がいいときの彼女は「雄大」です。
そしてかわいい。

◆アリッサ・シズニー
ひとつひとつ、いつシャッターを切ってもポジションがきれいです。
びっくりです。笑顔もパーフェクトです。

◆村上佳菜子
このメンバーの中で見ると「ジュニア」感がぬぐえませんが、
スピードがあってまさにいきがいい、爽快さを感じます。
優勝は期待しすぎだと思いますが(マスコミもどうしてそう急くかなぁ)、
3T-3Tは確かに武器です。

さー。観戦用にLotusのキャラメルビスケット、買ってこよー。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フィギュア、GPシリーズの放送 [フィギュアスケート]

今シーズンのグランプリシリーズは
地上波で放送がまるごとなかったりする試合もありますが、
その代わり、BS朝日で変なVTRを挟まず、
全選手(といってもシングルだけですが)放送してくれるので、
個人的には喜ばしく思っています。

確か去年、プライムタイムで放送して
5%台という驚異の低視聴率だった試合があったはずで、
そういう実績を作ってしまうとスポンサーもつかないし、
日本人有力選手が出ないと
地上波プライムタイムから撤退ってことになっちゃうんでしょうね。
さらに今年はキラーコンテンツ、浅田真央がグランプリファイナルに
出られそうにないのもテレ朝さんは頭が痛いかも。

そういえば、プロ野球も今年は日本シリーズの
地上波放送がない試合があったり、
あっても早慶戦に視聴率で負けちゃったり・・・。

と言って、てこ入れのためにスポーツ中継なのに、
選手の紹介VTRを延々と垂れ流したり、関係ない歌手を呼んで
歌わせたりされるのも視聴者としては迷惑極まりない。
今に始まった話じゃありませんが、バレーボールなんて、
まともな神経した大人が見られる番組じゃないですよ。
きっと普通のバレーボールファンは悲しい思いをしてるでしょう。
ただ、この「てこ入れ策」をテレビ局がやめないということは、
それなりに効果があるということで。。。
それが私にはさっぱり理解できないところです。
フィギュアの選手紹介VTRがいちいち挟み込まれると、
かるく血圧上がりますけどね、私(笑)。

さてさて、肝心の(?)フィギュアですが、
今年はワールド出場権争いが女子だけでなくて、
男子も大変になりそうです。
順当に行けば、男女とも五輪メンバー(男子は高橋、織田、小塚。
女子は浅田、安藤、鈴木)なんでしょうが、
昨シーズンのジュニアチャンピオン(羽生、村上)が
シニアに参入してきて、2人とも調子がいい。
さらに男子は、町田、村上、無良も去年より良さそう。
選手は大変でしょうが、見る方は面白いと思います。
nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

もうNHK杯が! [フィギュアスケート]

なんともうグランプリシリーズが、NHK杯が始まるんですね。
http://www.nhk.or.jp/figure/index.html
この前まで暑い、暑い、言うてたのにもうウインタースポーツ!

今年のNHK杯は、浅田真央、高橋大輔の両チャンピオンに
村上佳菜子、羽生結弦という両世界ジュニアチャンピオンの
シニアデビューも見られるのが楽しみです。
生放送で、まとまな実況が聞けるグランプリシリーズは、
残念ながらたぶんNHK杯だけです。

浅田真央はジャンプを矯正しているということで今季は安全運転なのかと思いきや、
フリーではすべての種類の3回転ジャンプを入れ
(昨シーズンやっていなかったサルコウや苦手と言われているルッツも
やるということですよね)、2A+3Tも入れ、
あの3Aを後半に入れるというチャレンジングなプログラムです。
今年くらい、慎重に調整してもいいのでは・・・と思わなくもないですが、
いつも最後には完成させてくるのが、すごいところです。
品があるタンゴ(タラソワ振付、SP)と、
可憐な愛の夢(ローリー・ニコル振付、FP)が見られるはずです。
ジャパンオープンとは衣装を変えてくれるといいけど・・・。

村上佳菜子はなんといってもスピードが!
ジャンプの癖がちょっと気にならないではないですが、あの速さは爽快です。
コンビジャンプに3Tが付けられるのも素晴らしい。逸材だと思います。

カロリーナ・コストナーのスパイラルは目の保養。
元衣装番長だったのに、昨年コーチ変更とともに、おしゃれ偏差値が急降下。
確か昨季途中からコーチを変えたと思うので衣装もかわいくなると期待してます。

キーラ・コルピはかわいくて美人というありえない2要素を並列させております。
滑りもきれいで、ループがお得意です。
たまに変な衣装のときもありますが、それさえ許せる?美貌の持ち主です。

レイチェル・フラットは、髪型と衣装、そしてプログラムに
毎度隙がありません。シニア3年目だし、マチュアな演技が見られるといいな。

アシュリー・ワグナーも激戦区アメリカの選手のため、もう一歩で世界選手権や
オリンピックの出場を逸しているのが気の毒。
ルッツの矯正もしたらしいので、楽しみです。そして目力も。

*********************************************************************
それにしてもフィギュアスケートのルールって、
ほんとにF**KING C**ZY!
いったいいつまで「過渡期」という言い訳を使うつもりなんでしょう。
ソルトレイクシティのスキャンダルから何年たってるとお思い?
いい加減、毎年毎年、こちゃこちゃくちゃくちゃルールを
変えるのをやめてほしいです。もはやわけがわからないモンスターみたいに
なっちゃってるじゃないですか。いくら客観的にしようとしても、相変わらずPCSなんて
基準が不明。観客の見た目の出来と、点数が乖離してきたら、
スポーツとして見放されるんじゃないかと不安になります。
(今のところ、見た目の印象と順位はそう大きくは、離れてないと思っていますが・・・)
nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フットボール→フィギュアスケート [フィギュアスケート]

もうだいぶ前のトピックになってしまいましたが、
トルコの元サッカー選手、イルハンが
フィギュアスケーターに転身!というニュース。
驚きましたよね?

イルハンって、日本でやったワールドカップで活躍して、
「イルハン王子」と呼ばれ、確か写真集のようなもの?も
出されていたような。懐かしいですね。
先日、ひょんなところでこのニュースの元ネタと思われるドイツ紙の
記事を見つけました。
http://www.bild.de/BILD/sport/fussball/international/2010/08/19/tuerkischer-wm-held/ilhan-mansiz-will-als-eiskunstlaeufer-zu-olympia.html
当然、ドイツ語なんですが、英語に翻訳してもドイツ語って
ほとんど違和感ないんですね。さすが。
スペイン語を英語でグーグル翻訳かけるとだいたい「?」なことになるのに・・・。
(これを読んでイルハンはファーストネームで、姓はMansizというのをはじめて知りました)。

フィギュアスケートにも種目はいろいろありますが、
彼が挑戦しているのはペア。
パートナーはソルトレイクオリンピックに出たスロバキアの選手だそうです。
確かに滑りの技術が要求されるアイスダンスよりは、
力技が求められるペアのほうが、元フットボーラーには
向いているのかもしれません。
しかーし、女性を高々と持ち上がる「リフト」にしても
自分(男性)の足元は滑ってないといけないしですしねぇ。
「ツイスト」や「デススパイラル」「スロージャンプ」なんかは、まだ習得しやすいのかな?

ペアともなると、ジャンプもしなけりゃなりません。
しかもパートナーとタイミングを合わせて。
もちろんスピンもあるし、ステップも。

フットボーラーの強靭な足腰は、スケートにも役立つはずですが、
いったいどんな演技になるんでしょうね。
ちょっと見てみたいな―。
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フィギュアスケートGPSアサイン アイスダンス&ペア [フィギュアスケート]

昨日、初めてiPadを体験。
確かに大きいですが、雑誌を読むとなるとあの大きさは欲しいところかも。
が、問題は重さ。個人的には絶対携帯したくない重量でした。
ただ、これからiPadなりキンドルなりで、本を読む時代に絶対なると思うので、
軽量化はするんでしょうけどねぇ。便利そうなので、早く軽くなってちょうだい。

さて、グランプリシリーズのアサイン、
アイスダンスとペアについても、主だったところだけ書いておきます。

■アイスダンス■
NHK杯
デイビス&ホワイト、カッペリーニ&ラノッテ、ザレツキーズ、シブタニズ、サミュエルソン&ベイツ、イリニフ&カツァポラフ

スケートカナダ
ヴァーチュー&モイア、カーズ、クローン&ポワティエ

中国杯
ファイエラ&スカリ、ペシャラ&ブルザ、ボブロワ&ソロビエフ

スケートアメリカ
デイビス&ホワイト、ザレツキーズ、クローン&ポワティエ、カッペリーニ&ラノッテ、シズタニズ

ロシア杯
ファイエラ&スカリ、カーズ、イリニフ&カツァポラフ、ボブロワ&ソロビエフ

エリック杯
ヴァーチュー&モイア、ペシャラ&ブルザ、サミュエルソン&ベイツ

○大物というかベテランが引退して、ますますヴァーチュー&モイア、デイビス&ホワイトの天下に。
○両親が日本人のアメリカのペア、シブタニ兄妹。コーチが天下人V&M,D&Wと一緒です。
○ジュニア上がりのイリニフ&カツァポラフ。ソチに向けてロシアを背負っていくはずなので注目。

■ペア■
NHK杯
パン&トン、デニー&バレット、井上&ボールドウィン

スケートカナダ
川口&スミルノフ、デュベ&デイヴィソン、マクラフリン&ブルベイカー

中国杯
パン&トン、ザン&ザン

スケートアメリカ
サフチェンコ&ゾルコビー、デニー&バレット、スイ&ハン、マクラフリン&ブルベイカー

ロシア杯
川口&スミルノフ、デュベ&デイヴィソン、高橋&トラン

エリック杯
サフチェンコ&ゾルコビー、ザン&ザン

○ジュニアでは向かうところ敵なしだったスイ&ハン、どんな点が出るのでしょう
○井上&ボールドウィンは現役続行?まだ見られるならうれしいですが。
○ペアはほんとに中国が強いですねー。
○そういえば、ホフロワ&ノビツキーはどうなったの??
○デュベ&デイビソンも続行なんですよね? 勝手に引退するような気がしていたので、うれしい!


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - フィギュアスケート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます