SSブログ
NHK語学講座 ブログトップ
前の5件 | -

「まいにちフランス語」と「英語リスニング」のまさか [NHK語学講座]

被災したわけではないのに、申し訳なくも
やる気を失っている今日この頃。
原発のことがまだ落ち着きませんが、
ちょっとしっかりしないとなと思ってます。

***************************************************
さて、このモチベーションダウン時期ではあっても
4月にはNHKの語学講座が始まっているわけです。
「まいにちフランス語」は、応用編を聴いてます。
再放送ですが、文法の総復習をするにはとてもよいように思います。
年のせいか(いや、昔からかw)、
忘れるスピードが覚えるスピードを上回っているんで、
こうやって文法を思いださせてくれるのはありがたい。

応用編は週に2回なので、ラク。
ただ、フランス語の触れるのを習慣づけるという意味では、
ちょっと少ないんですよね。
ラジオ講座のいいところは、
とにかく一日一度はフラ語にふれるということが
大きいと思うので。

英語は「英語リスニング」というのが
面白そうかなと思って、久々に英語の講座も
聴こうとテキストを買ったら、
まさかのストリーミングなし!
えええー。
一度、ストリーミングで聴き始めると、
録音する手間もいらないし、音質もいいし、
ラジオに戻れないんですよね。

と、いうことで「英語リスニング」はテキストは
買ったものの(ストリーミングがないって表紙にでも
書いておいてほしかったw)、やらないことに。

つまるところ語学講座は週2回だけ。
うむむ。
なんか少なすぎるけど・・・。
いいのか??

NHKラジオまいにちフランス語 2011 4 (NHK CD)

NHKラジオまいにちフランス語 2011 4 (NHK CD)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2011/03
  • メディア: 単行本



nice!(8)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

ようやくラジオ講座、復活 [NHK語学講座]

今年になって、語学学校へも行くようになり、
フランス語の勉強(勉強というのはおこがましいですが)も、
ようやく手がつき始めました。

さぼっていたラジオ講座(まいにちフランス語)もようやく復活。
やっぱ、役立ちますね。ラジオ講座。
短い時間でも毎日やるクセをつけるには、すごく良い!です。

初級編(サトシのナント留学記)は、週に3日だけ。
この限られた時間では、なかなかフォローしきれない・・・ということで、
テキストには「フランス語豆知識」という1ページの補講?が
ついていて、これがなかなか役立ちます。

応用編は新作。「フランスの友達に語る日本」ということで、
日本の文化や政治、宗教などなど、普通に友人と話すような話題なので
なかなか楽しめます。
ただし、はたしてこれを聴いたからといって、本当にフランスの友達にフランス語で
日本を語れるようになるかと言うと、かなり疑問ではありますがw
個人的には、応用編では、初級編で扱いきれない文法事項を
もう少し丁寧に解説してくれるとうれしいんだけどな。
ネット時代の今となっては、フランス語のニュースやトークを
聴いたり、読んだりするのは簡単なので。

しかし、テキストの連載「単語ア・ラ・モード」。
内容は面白くて、空き時間にちょこちょこやってますが、
イラストが・・・。
いったい全体どうして、こんなイラストを採用しちゃったんだろう?

4月からは新しい講座になりますが、どんな風になるんでしょうね。
人気の清岡先生は、ジャニック・マーニュさんとテレビ講座に
出演されると聞きましたが、こっちも楽しみです。

ハートにビビッとフランス語―ラジオまいにちフランス語 清岡&レナ式初級講座 (NHK CDブック)

ハートにビビッとフランス語―ラジオまいにちフランス語 清岡&レナ式初級講座 (NHK CDブック)

  • 作者: 清岡 智比古
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2008/10
  • メディア: 単行本



nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

フランス語講座のカルメン [NHK語学講座]

10月から始まっているので、ちょっと今さらではありますが、
「まいにちフランス語」の応用編、
「オペラで学ぶ 運命の女『カルメン』を読む」
なかなか楽しいです。

実は私、オペラという分野がちょっと苦手なので、
この講座を聴くかどうか、悩んだんですが、
「まいにちフランス語」はたったの15分。
音楽が流れるのはごくごく短かったのでした。

毎回、最初にディクテが始まるようで、
これが私にはなかなか難関。
2回繰り返して読みあげられるのに、
書ききれましぇーん(涙)。
この前はとってもエエ声の川竹先生に
「複合過去の過去分詞は関係代名詞の先行詞に性数一致させましたか」と
言われましたが、
そんなもん、気を回す余裕はございませんのよ、先生(笑)。
recueillirの過去分詞を書けただけで自分で自分を誉めたいくらいですよ、まったく。
・・・・と、こんな具合に、自分の至らない点が
毎度毎度露わになって勉強になります。

私は今までほとんどディクテの練習をやったことがないので、
なにかテキストでもやってちゃんと取り組もうかなぁ。

はじめて知りましたが、カルメンシータに骨抜きにされるドン・ホセって
ナバラ出身のバスク男だったんですね
(現在のナバラ県はバスク自治州には入っていないようですが、
広義のバスク地方ではあります)。

ちなみに私は「まいにちフランス語」をストリーミングで
聞いているんですが、これ、podcastにしてくれるといいのになぁ。
だめなのかしらん? ちょっとならwお金払ってもいいのにな。

ストリーミングはこちら↓
http://www.nhk.or.jp/gogaku/french/kouza/index.html


NHKラジオまいにちフランス語 2010 10 (NHK CD)

NHKラジオまいにちフランス語 2010 10 (NHK CD)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: -



NHK ラジオまいにちフランス語 2010年 10月号 [雑誌]

NHK ラジオまいにちフランス語 2010年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/09/18
  • メディア: 雑誌



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

まいにちフランス語応用編 [NHK語学講座]

地球温暖化らしくなく、寒い春ですよね。

ストリーミングで「まいにちフランス語」の応用編を聞きました。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/french/kouza/index.html

ストリーミングは、自宅でラジオを聞くより音もいいし、
便利なんですが、
今年度から、オープニングとエンディングの曲がカットされています。
著作権の問題らしいですが、やっぱりないとさびしいものですね。
とくに初級編の木曜日、「今週の1曲」というコーナーは、
まるごとカット。さびしー・・・。

さて、応用編ですが、今期は「フランス文学24人のヒーロー&ヒロイン」。
初回はカミュ「異邦人」のムルソー。
ムルソー(Meursault)って、mourir(死ぬ)の活用形っぽくて
名前からして縁起が悪いような。

文学といっても、文法がそんなに難しくない文章が選ばれているようで、
私のレベルでもついていけそうです。

さらに、「作家の言葉」ってのが面白かった!
当然のことながらカミュは、「異邦人」の主人公ムルソーとは違う、
どちらかというと相反する印象をもちました。

今まで「異邦人」というと、漏れ聞く内容にはひかれるものがあっても、
あの有名な冒頭の訳
「きょう、ママンが死んだ」
に、どん引きしてたので・・・「ママン」って、なんやねん! 気色悪っ。(と、思いませんか?)
フツーに澤田先生の試訳のように
「今日、母さんが死んだ」になぜしなかったんでしょうね。
この講座のおかげで、「異邦人」に抱いていた誤解がちょっと
とけたので、いつかちゃんと読んでみたいもんです。
もしかしたら読まず嫌いだったのかもしれません。
でも、フランス語ではちょっと大変なんで(おいおい・・・)、
ママン以外の訳書希望(笑)。
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

10年度フランス語新講座 [NHK語学講座]

満開の桜が目にまぶしいですねー。

テレビやラジオの語学講座も、新規開講ラッシュ。
私も気合いを入れ直さなくちゃーと思っています。

「テレビでフランス語」は、知花くららさんご出演。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/french/tv/index.html
最近では、もっともフランス語が話せる出演者ではないでしょうか。

NHK テレビでフランス語 2010年 04月号 [雑誌]

NHK テレビでフランス語 2010年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/03/18
  • メディア: 雑誌


でも初心者がテレビ講座だけでフランス語を上達させるのは
ちょっとムリっぽいかしら・・・。
少なくとも私がフランス語初心者だったら、
この放送にはついていけないかなl。
ただ、半年くらいやった人には面白い放送だと思います。
くららちゃんもかわいいし。
(全然関係ないけど、くららさんの前髪をちょっとだけポンパにした
ポニーテールってかわいいうえに賢そうでいいですよね。
で、でも、あの顔の小ささあっての、あの髪型なのかも)

欧州系4ヶ国語を各言語で共通させて、各国語講座で展開している
EURO24ですが・・・・
確かに女性にターゲットを絞ったのは正しいと思います。
語学を勉強するのは女性が多いし、テレビやラジオの講座をコツコツ
続けるのも女性向き(実利的要素の高い英語は別にして)。
一時期、グラビアアイドルを多用していたころと比べると
大きな変化です。

しかし、2言語以上を同時にやるようなマニアっぽさは
男性向きって気がするけどなぁ。

さて、肝心のラジオ。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/french/kouza/index.html
ストリーミングは上のサイトからできます。
1週遅れのストリーミング公開なので、
ちょうど来週から新しい講座が始まります。
ちょこっとだけ聞きましたが、人気の清岡&レナコンビで楽しげです。
今季は初級編も最後は、条件法まで行くそうなので楽しみです。
応用編はずばり「フランス文学」。
さっぱり興味のもてないフランス文学ですが、テキストを見る限り、
なかなか面白そうな講座なので、ちゃんと聞こうと思っています。
「クレーブの奥方」なんて読んでみようなぁと思う今日この頃です。

NHKラジオまいにちフランス語 2010 4 (NHK CD)

NHKラジオまいにちフランス語 2010 4 (NHK CD)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2010/03
  • メディア: 大型本



nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の5件 | - NHK語学講座 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます