SSブログ

デクスター!! [映画]


デクスター シーズン1 コンプリートBOX [DVD]

デクスター シーズン1 コンプリートBOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


いまや、シーズン4のDVDが発売されるような時期ではありますが、
面白いと話題の「デクスター」のシーズン1、ようやく見ました。
ええ、面白かったですとも
正直言うと、こんなにはまって見るとは思いませんでした。
やめられなくて困りますw

鑑識でありながら連続殺人鬼(しかも殺し方が怖い。血をコレクションしてるのも怖い)
が主人公というショッキングな設定ですが、
その奇をてらった設定にあぐらをかいているわけでなく、
ていねいに作られていると思います。
なんせ、こんなシリアルキラーである主人公に
完全に心情移入して見られますから。

「血を見るのが絶対イヤ」という人以外にはお勧めできるドラマです。

ところどころ笑えるところもありまして・・・
私はデクスターが恋人といっしょにDVDを見ているとき(メロドロマか
なんかで、恋人は大泣きしているけど、感情が乏しいデックスはさっぱり。
まばたきしないと涙が出るかと異常に目を見開いてみたり、
当惑して斜め上の行動に出るデックスがおかしいっす)。

しかしアメリカの有料テレビのドラマは、
たーんとお金もかけて、マーケティングもしているせいなんでしょうか、
もちろん失敗作もたくさんあるんでしょうが、
ちゃんと面白いものがコンスタントに生まれてきます。
こういうのは日本ではムリなのかなぁ。
ムリなんだろうなぁ。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

シネモード [映画]

scan0002-217x300.jpg
去年、リバイバル上映されて話題だった「赤い風船」。
テレビで見ました。

少年と赤い風船を描いた短編で、1956年のフランス映画。
風船の「赤」もとてもきれいでしたが、
なにより60年代以前の服が、なんと好もしいこと!
キャラクターものもなく、蛍光色もなく、派手な柄ものがない子供服。
主人公の少年は上の写真の、スウェットのようなパジャマのようなw服に
そのままジャケットを羽織ったりもして、これまたかわいい。
もうほとんど優雅といってもいいくらい。

さて、2010年の秋冬は50~60年代のシネマファッションが
注目を集めている・・・っていうのは、「クロワッサン」からの受け売りですw
中野翠と原由美子の対談があったので、
生まれて初めて「クロワッサン」を自力で買いました。
(なんだか、さかしらな感じと巻末の汚い広告がいやで、手を出したくなかったんです)。

お二人とも、若いころは映画がファッションの一番の情報源だったそうで。
へプバーンやドヌーブ、ジーン・セバーグなんて確かに今見てもおしゃれ。
私も学生時代に「パリの恋人」でへプバーンが着ていたフード付きステンカラーコートが
むやみやたらに欲しくって似たものを買ったことがあります。
ちなみにコレ↓です。あー、なつかしー!
site_28_rand_819509957_funny_face_maxed.jpg
今、見るとケイ・トンプソンが着てるコートと長い手袋もいいですね。

今の映画のファッションについて
中野「セックス・アンド・ザ・シティなんか、今どきのファッションはこんな感じってわかる」
原「トップブランドのこれから店に並ぶ新作が使われていたのにびっくり」したけど、
中野「そこ止まり。案外独創性はない。たとえばオードリーが平凡なサブリナパンツを穿いて、こんなにカッコいいものだったんだって気づかせてくれたような、そういうパワーはもう感じませんね」

ファッションだけじゃないけど、情報がどんどん薄ーく広ーく早ーくフラットに
散らばっていくし、今は難しい時代なんでしょうね。
それでも「SATC」のお洋服見るの、私、好きですけどね。





パリの恋人 [DVD]

パリの恋人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: DVD



nice!(11)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます