SSブログ
英語多読日記レベル0~2 ブログトップ
前の5件 | -

多読:レベル0を読んでみる [英語多読日記レベル0~2]


Marcel and the White Star (Penguin Longman Penguin Readers)

Marcel and the White Star (Penguin Longman Penguin Readers)

  • 作者: Stephen Rabley
  • 出版社/メーカー: Penguin
  • 発売日: 2008/03/13
  • メディア: ペーパーバック


なんだか英語の多読があまりにおろそかになっているので
(実はレベル4くらいの本を読んでるんですが、なかなか
面白くならなくってあまり読む気にならない・・・)、
超簡単レベル0の本を読んでみました。

えー、ねずみの探偵マルセルが、盗まれたダイアモンドを
泥棒から奪還する話です。

舞台はパリ(フランス語熱がまた・・・)。
このマルセルくん、セーヌ川に浮かぶボートに住んでるんです。
ベレー帽なんかかぶっちゃって、ちょっとベタです。

さて、今回読んで気になったのは、
泥棒からダイアモンドを取り返して、
それをオペラスターのうちに返しに行くところ。
夜中でメトロが動いてないので、歩いていくんですが、
ねずみがその距離を歩くのはちょっと無理っぽい。
サクレ・クール寺院から16区のラ・ムエットという駅の辺りまで
歩く設定ですが、人間でも普通歩く距離じゃありません。
それをねずみの身で・・・・。

しかし久しぶりにパリの地図を見て、
よりフランス語に里心がついたのでした。


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

多読:ああ、勘違いお手伝いさん [英語多読日記レベル0~2]


Amelia Bedelia Under Construction (I Can Read. Level 2)

Amelia Bedelia Under Construction (I Can Read. Level 2)

  • 作者: Herman Parish
  • 出版社/メーカー: HarperTrophy
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: ペーパーバック


勘違いの激しい、でも料理は上手なお手伝いさん、
アメリア・ベデリアを主人公にしたシリーズのひとつ。

奥さんがキッチンのカウンターをマーブル(大理石)にしたいと
言ったのを聞いて、マーブル(チョコレート)を全体に散らしたりするような
言葉の勘違いをえんえんとやらかしていきます。
かえって、英語学習者には勉強になりますが、
アメリアのあまりのやらかしように、
首にならないだろうかと心配になります。

語数も短いし、すらっと読めます。

語数:1200語
レベル:1
面白かった度:★★★★☆
累積語数:242,583語
タグ:多読
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

多読:GRの主流、2シリーズ [英語多読日記レベル0~2]


Police TV (Oxford Bookworms Starters)

Police TV (Oxford Bookworms Starters)

  • 作者: Tim Vicary
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press
  • 発売日: 2000/08/31
  • メディア: ペーパーバック


英語の多読をするのに、便利なGR(グレイデッド・リーダーズ)。
単語の数や文法事項が段階的に難しくなっていく読みもののシリーズです。
下のレベルの本だと、やさしい文法で単語の数もごく少ないので、
簡単に読むことができます。

レベル分けされているので、選びやすいですよね。

大きく分けて、一般書をGR向けに直したretoldものと、
オリジナルストーリーがあります。

GRは各社から出ていますが、書店の棚でよく見かけるのが以下のふたつのシリーズ。

ペンギン・リーダーズ
http://www.longmanjapan.com/penguin_j.html
最近のものは紙質がやや改善されているみたいですが、
前のものは、完璧なざら紙でした。
たまに驚くようなイラストのものもあります。
ただ、発行点数も多く、内容も多岐にわたっています。
オレンジのペンギン印が目印です。


オックスフォード・ブックワームス
http://www.oup-readers.jp/students/bookworms/index_jp.shtml
ペンギンに比べるとちょっと数が少ないですが、
黒を基調にした装丁がすっきりしていて、もちろん紙質もグッド。
本というものは装丁で、読みやすくなるもんなんだなぁと
勉強になった?シリーズです。

※※※※※
今回読んだ Police TV は、オックスフォードのもので
しかもごくごく簡単なスターターシリーズ(レベル分けされる前段階のもの)。
作者はTim Vicary という人で、
よく名前を見るので、GR界?では有名なライターなのかもしれません。
レベル0のわりには、面白かったです。
しかし、表回りの紙もしっかりしているし、
デザインもすっきりしているし(上のデザインをご覧くださいませ)
この本、
装丁の勝利だと思うな。

語数:1500語
レベル:0
面白かった度:★★★☆☆
累積語数:223,563語


タグ:多読
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

多読:ハムレット [英語多読日記レベル0~2]


Oxford Bookworms Playscripts Hamlet: Oxford Bookworms Playscripts Hamlet (Oxford Bookworms)

Oxford Bookworms Playscripts Hamlet: Oxford Bookworms Playscripts Hamlet (Oxford Bookworms)

  • 作者: William Shakespeare
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd)
  • 発売日: 2005/11/15
  • メディア: ペーパーバック


シェイクスピアも、
レベル2のプレイスクリプトで読むと簡単です。
基本的にはセリフしかないので、 そういう意味でも読みやすい本です。

内容は、ご存じのとおりなんですが、
改めて読んでみるとオフェーリアがかわいそう
なんにも自分自身になんの落ち度はなく、
美しく、思いやり深い娘なのに、
父を恋人(ハムレット)に殺されるわ、
恋人(ハムレット)にすげなくされるわ、
さんざんな目にあった末におかしくなってしまいます。

ラストの迎え方など、ちょっと歌舞伎っぽいような気も。
やはり同じ舞台だからでしょうか。

語数:3900語
レベル:2
面白かった度:★★★☆☆
累積語数:222,063語
タグ:多読
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

多読:するする読めるいまどきの絵本 [英語多読日記レベル0~2]


Mr. Cool (I Am Reading)

Mr. Cool (I Am Reading)

  • 作者: Jacqueline Wilson
  • 出版社/メーカー: Larousse Kingfisher Chambers
  • 発売日: 2000/09
  • メディア: ペーパーバック


4人の男の子の友情を描いた話。
4人の中でKevin一人だけがクールじゃないんですが、
いつもにこにこしてるいい子です。

イラストが豊富で、Kevinの not cool ぶり
(アップリケ付きセーターとか、不思議な髪形とか)
がよくわかります。

彼らがデビューしたときのファーストアルバムが
With the beatles そっくりで面白いです。

短いのでさらっと読める上に、
英文時代もレベル1の中でも簡単な印象です。

語数:1100語
レベル:1
面白かった度:★★★★☆
累積語数:194,163語
With the Beatles

With the Beatles

  • アーティスト: The Beatles
  • 出版社/メーカー: Toshiba EMI
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の5件 | - 英語多読日記レベル0~2 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます